[PR 広告]

ニキビにならないようにするにはその一つが、寝る時間をいつ

ニキビが出てきて白く膨らんでいるのを見つけると、爪で中身を押し出してしまいます。





中からニキビの種が飛び出してくるのが大好きなんです。





でも、5回に一回は綺麗に中身を出す事が出来ず、無理にでもニキビの芯を出そうとした結果、ニキビが治っても肌がクレーターのようになってしまうのです。





鏡でニキビ跡を見るたびに、無理にニキビをつぶしてはいけないと反省するのですが、また白いニキビが出てくると自分を抑えられずに、再びつぶしてしまうという悪循環の繰り返しです。





このごろ、重曹がニキビケアに効くと注目が集まっています。





弱アルカリ性の重曹には油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔すれば、毛穴汚れや角質のお手入れができ、ニキビの症状を改善させる効果が期待できるというのです。





研磨作用が働く重曹での洗顔は肌を傷つける場合もあるため、試してみる際には、十分に気を付けてください。





近頃、女性の代表的なニキビの原因のひとつとして女性ホルモンのバランスの崩れが関与しています。





女性ホルモンのバランスは、ストレスを受けるとすぐに乱れを生じてしまうと公言されています。





生理前は特別女性ホルモンの分泌を大きく乱してしまいます。





生理前のニキビ発生に悩まされる女性が多いのもこの女性ホルモンの乱れの仕業なのです。





最近ですが、徹夜の日々を送ったらニキビ面になってしまいました。





私はすぐニキビができる方なので、少しでも肌にダメージを与えるとニキビが発生するのです。





だからどれだけ時間に追われていても、少しでも早く寝て十分な睡眠をとるように頑張っています。





睡眠時間足りなくなることがニキビを作り出す原因だと思います。





生理が近くなるとニキビが出てしまう女性は少なくないと思います。





嫌なニキビができてしまう理由として、ホルモンバランスが乱れ、肌が荒れやすい状態になってしまうのと、生理の時期が来るとどうしても甘いものが欲しくなったりするので、ニキビができてしまうことが多くなるのでしょう。





そういえば、ニキビは潰しても大丈夫なのでしょうか。





実は、潰しても良い状態のニキビと潰してはいけないものとがあります。





潰してしまっても良い状態のニキビとは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、中に溜まった膿が白く盛り上がっているものです。





この状態になったニキビは、外へと膿が出ようとして芯が出来ている状態になりますから、針や専用危惧を使って行うのであれば、潰すのもいいでしょう。





顔のおでこにニキビが出来てしまうと、何としてでも前髪などで隠してしまいたくなります。





ですが、それはニキビの悪化を招くことにもなるので、なるべくなら前髪で隠すというようなことはせずに毛髪が直接ニキビに接触することのないようにできるだけ刺激を与えないことが肝心です。





アクネ菌がニキビの原因なので、例えばフェイスタオルやメイクに使うスポンジなどを2人以上で共有したり、肌に直接触れてそのまま洗わないで放っておくと、ニキビの原因であるアクネ菌がうつる可能性があるので注意しましょう。





また、自分で自分のニキビを触って、顔の他の部分を触ってしまうと、そこにもニキビができる可能性があります。





ニキビがひどい状態の時には、洗顔石鹸を使用してのピーリングをしています。





ピーリングを初めてやった時は、肌にヒリヒリとした感じがありました。





そこで、何となく怖くなってしまってすぐに止めることにしたのですが、肌が正常になったら、そんなヒリヒリした感覚がなくなって、ニキビがすごくキレイに治りました。





それ以来、ニキビが出るとピーリングで治しています。





ニキビの根本は、必要以上にホルモンが出てしまうことではないかと言われています。





だからこそ、成長期にニキビが出来てしまうのです。





ニキビにならないようにするにはその一つが、寝る時間をいつも同じにする事です。





これは、健やかな生活に繋がります。





ニキビケア用の洗顔料・化粧水など、ニキビに効き目があると宣伝されている商品がドラッグストアなどで販売されています。





しかし、品数が豊富にあるため、自身のニキビに合う商品を発見するのはとても難しいです。





サンプルなどがが配られていれば試供品を使用してみて自分の肌に合っていると思えば「買う」というようにするとベストだと思います。





どうしてニキビが出来るのか、ホルモンの過剰な分泌それが理由だと言われています。





そのため、成長期にニキビになることが多いのです。





ニキビを出来にくくするには人それぞれにあります。





数多くあるうちの一つが、規則正しい睡眠時間です。





そうすると、健康的な日常にも繋がります。





徹夜ばかりしていたらニキビ顔になってしまいました。





私は結構ニキビ体質なので、少しでも肌にダメージを与えるとニキビでぶつぶつになるのです。





だから、忙しかろうとなかろうと、できる限り早く寝て十分に休むように気を配っています。





睡眠不足がニキビの最も大きな原因だと思います。





ニキビ跡としてよくある悩みが、肌がくぼんでしまうクレーターや肌の黒ずみといった悩みです。





クレーターを治すには皮膚治療を専門としている皮膚科で治療しないとなくすことはできませんが、黒ずみのトラブルは美白化粧品で時間をかけて薄くするという治療もあるのです。





ご存じないかもしれませんが、妊娠した最初の頃にはホルモンバランスが乱れてしまうことから非常にニキビが出来やすい肌状態になります。





また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビの原因となってしまいます。





しかしだからといって、抗生剤等を使うことは出来ません。





ホルモンバランスを整えていけるように、この時期にはまずリラックスをして、身体を休めさせてあげましょう。





ニキビが眉上の目立つところにひどく出た時に、化粧でも隠せないほどの状態だったので、専門家に診てもらうことにしました。





お医者さんに、ひとまず薬を出しますので、塗ってためしてみて下さいと言われ、ステロイド系の塗り薬を選択してもらいました。





ステロイド系の塗り薬の効果は抜群ですが、肌には強いので、状態が改善してきたら塗る回数を少しにしていったほうが好ましいそうです。





ニキビが発生すると潰してしまうのがほとんどです。





しかし、潰すと跡が残るのでやめろ、というのが定論です。





なるべく早めに治療するには、ニキビ専用の薬が最も効果的だと思います。





潰したニキビ跡にも効果があります。





洗顔をして、化粧水・乳液で肌をおちつかせ、ニキビのできているところだけに薬を塗るようになさってください。





ニキビを潰してしまうと、そこから膿が出ます。





さらに潰してしまうと次は芯がでてきます。





これがニキビの原因となっているものですが、無理やり潰して芯を出すことはあまりオススメしません。





無理に潰すわけですから、より炎症が広がります。





ニキビ跡としても残ってしまうので薬をつけるなどしてゆっくりと治していきましょう。





私の母親の肌はとてもニキビができやすくて、私本人も中学からニキビに悩まされ、大人になった今でさえも、よくニキビができてしまうので、お顔のお手入れは念入りにやっています。





そして、みっつになる娘も早くも鼻の周りの毛穴に角質がつまり始めています。





涙ぐましいことに絶対にニキビ肌になりそうです。





遺伝は恐怖に値すると思いました。





日頃から顔を洗って綺麗にしていても、ニキビが防げないことは皆に経験があることのではないでしょうか。





このニキビの予防法には、洗顔などで清潔を保つのはやって当然ですが、健康的な食事をとり十分に睡眠時間を確保するといった体調の管理も重要になってきます。






http://www.voiceblog.jp/l16quk3/

tag :

 | BLOG TOP | 

 X 閉じる
MORK